2008年7月17日木曜日

やればできる!

今日は英単語の基礎テストがありました。
このテストは「努力すれば必ず合格できる!」という成就感を味わわせるためのテストで、2週間前に範囲を配り、そこから全く同じ問題を出します。

・・・話は昨日に戻ります。
毎日の家庭学習ノートを点検していて、明日のテストが不安になりました。あまりに勉強していないので。
そこで抜き打ちプレテストを実施。予想以上に悪い結果に愕然とし、私は鬼になりました(笑)
合格点に達していない子たちを放課後に残しました。英単語の特訓です!!
最初は居残り勉強会にブーブー文句を言っていた生徒たちですが、次第に本気で勉強し始めました。
英語の先生には怒られそうですが、発音は無視した覚え方をブツブツ呪文のように唱えながらノートに単語練習をしました。たとえば「orangeはオランゲ」「friendはフリエンド」などなど。
50点以下だった子たちが、70点まで取れるようになりました。合格までのあと10点分は家で頑張ると約束をしてサヨナラしました。

そして今日のテストの結果。全員合格です\(^o^)/
努力は必ず報われる。やればできる!!みんな、とってもいい表情してました。

成績が下位の子を居残りさせることには賛否両論あると思いますが、私は強制的に勉強する環境を作ってやることも必要ではないかと考えます。
「家で自分でやってきなさい」では、どう勉強すればいいか分からずに放り投げてしまう子もいるからです。
今回は、みんな「居残り勉強をして良かった」と言ってくれました。
頑張れば合格できる。自分に自信がもてるようになって輝いていました。

2 件のコメント:

pinhead さんのコメント...

みんな合格して良かったですね^^
先生が自分たちのことを考えてくれてるって、生徒達もすっごく嬉しかったと思います。子供のことをかまってるようでかまってないと思うんですよね。大人ってw
ちなみにアタシもfriendはフリエンドって覚えました(´∀`;)

junchan さんのコメント...

pinheadさんへ

大人が子どもに無関心になったら社会は崩壊しますよね。
ウザがられても何しても、積極的に係わっていきたいと思います。