2008年9月20日土曜日

怒っています

世の中には心の弱い人がいるものです。
その弱さを知られないように、自分を強く見せるために、そういう人たちは自分が敵わないと思う相手を陰険な方法で攻撃します。

善行を行う人に悪態をつくのは、自分が善い行いができないからです。
新しいことに挑戦する人を笑うのは、自分が何も始められないからです。
一生懸命な人をバカにするのは、自分が真剣になれるものがないからです。

自分ができないことを実行し頑張っている人を、どうして素直に認めることができないのでしょうか?
すごいな!自分も見習おう!と思えないのでしょうか?
正しいことを行う人を認められずに文句を言う。潰しにかかる。この時点で、自分の考え方は腐っていると認識すべきです。

私は滅多に怒ることはないのですが、今日は腹が立つことがありました。
世の中には、私が思った以上に悪いヤツがいるようです。

3 件のコメント:

はりねずみ さんのコメント...

あら、もしかして私が前回のコメントで怒らせちゃいました?
多分違うとは思いますが、もしそうなら
言ってくださいね。

私がいじめに遭っていた頃は、
よく全力で何でもやることが馬鹿にされていたことがありました。
これにはいつも悔しい想いをしておりましたよ。

だけど、担任の先生がある日教えてくれたのです。私をいじめていたリーダーがいつも全力でやれる私を羨ましいと思っていると。

後からそれは本当だったことを知りました。
「なんだ、ある意味を俺を恐れている?もしかして間違ってなかった?」
と変な自信に変わりました。

でも、本当に辛かったんですよ。馬鹿にされるのって。

奏恵 さんのコメント...

お久しぶりです。

私の知り合いの話です。
人の弱い所ばかりをバカにする人がいるらしいです。
その知り合いは仕事を真面目にする人です。
すると、その人は知り合いが仕事を真面目にするのが気に入らないらしくなぜか陥れようとするらしいのです。
呆れます。
上司も酷い人らしく、その性格的にきつい人には文句言わずに、真面目に仕事する人の方にあたるらしいです・・・

その仕事場に勤めている知り合いがとてもかわいそうです。

意味不明な文になってしまってすみません。

腹の立つ事事があったらしいですが、大丈夫ですか?
気分が早く落ち着きますように。

junchan さんのコメント...

はりねずみさんへ

前回のコメントで?
いえいえ、全然関係ないですよ(^^)
子ども同士のイジメというのは、加害者の方が心が弱い場合が多いです。
はりねずみさんの場合のように、相手への嫉妬だったり、他への強がりだったりしますよね。
被害者を助けることが一番大切ですが、加害者の心を救うのも大切なことだと考えています。


奏恵さんへ

お久しぶりですヽ(^o^)丿
職場でのイジメというのは陰湿ですよね。
その方は我慢して頑張っているのでしょうか?心が痛みます。
奏恵さんが力になってあげてくださいね。話を聞いてあげるだけでも元気づけられると思います。
私の怒りも落ち着きました(笑)
心配していただき、ありがとうございます!