2008年10月25日土曜日

極楽☆極楽

エステに行ってきました。
月に一度の自分へのご褒美です(^^♪
マッサージをしてもらっていると、うっとり夢心地で「極楽、極楽♪」と思ってしまいます。そして、もう少しカワイらしい表現ができないものかと、自分にガッカリします(笑)
今日はブライダルエステに母娘で来ている人がいて、ものすごい幸せオーラを放っていました。内から輝く美しさがあり、エステなんかしなくても十分キレイで圧倒されました(^^)

それから、先日観た映画がすごく良かったので書きます。
「極道(やくざ)渡世の素敵な面々」(1988年)という実話を基にした映画です。
主演は陣内孝則さん。真っ直ぐで純粋な男気あふれるチンピラ?がカッコよかったです。男らしくて思いやりがあって優しくて、そして可愛くて……。こういう人に巡り会えた女性は幸せだと思いました。
家柄とか肩書きとか世間体とか関係なく、好きな男の元へ行くヒロイン(麻生祐未さん)も素敵でした!
それにしても、昔かたぎな男らしい人が少なくなりましたよね。残念^_^;

2 件のコメント:

あきたん さんのコメント...

極楽♪という言葉が
なんともいえない気持ちよさを
的確に表現しているように思いますよ(^^)

ブライダルエステ、
娘だけでなく母もついでに…
ということも多いみたいですね。
どちらかというと母のほうが
乗り気のところもあったりして(^^)

確かに、任侠の人が
どんどん少なくなっている気がします。
打算や妥協、周囲のしがらみに関係なく
心で惹かれあう関係って、凄いですね。
かなり勇気が要りそうです。

junchan さんのコメント...

あきたんさんへ

ブライダルエステの母娘は、やはりお母様の方が積極的でしたよ!
ベーシックコースを選んだ娘さんに、あれもこれも…とお母様がオプションを付けていました。微笑ましい光景でした(^^)

任侠映画はカッコイイですけど、本物の暴力団は怖いですね。
同級生がその世界に足を突っ込んで、片目を失って帰ってきました。