2008年8月10日日曜日

幸せな時間

とってもとっても嬉しいことがあって、なんだか眠れません。

今日初めて大好きな人と電話でお話をしました。

メールではいろんなことを書けたのに、電話となると緊張して思っていることの10%も話せませんでした。
うまく言葉をつなげないので、相手の方には気を遣わせてしまったと反省しています。
でも、声を聴いているだけで幸せでした。
私は「はい」とか「そうですね」とかしか話せなかったけど、その一言にいろんな気持ちが込められていたこと、届いているといいな。

今、いろんなことに感謝しています。
電話を発明した人、ケータイを作った人、耳が聞こえること、話ができること・・・そして何より彼に出会えたこと。
今まで嫌なこと苦しいことがいっぱいあったけれど、彼に出会うために必要だったと思えば、それすら愛しく思えます。

優等生と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる

俵万智さんの短歌です。今の私にピッタリです。

見逃し三振が多い人生でしたが、今なら思いっきりバットを振れそうです。

それが空振りでも打ち取られても後悔はしないような気がします。

2 件のコメント:

pinhead さんのコメント...

(〃▽〃)キャー♪
やっぱり恋ですねっ!ウラヤマシイwww
もう文面が甘酸っぱくてしょうがないですねっ♪♪♪
もう>< 突っ走ってくださいっ!!!

junchan さんのコメント...

pinheadさんへ

お恥ずかしいっ!!!
恋愛について夜中に書くもんじゃないですね。
私ってば何書いちゃってるんでしょう(^^ゞ
でも幸せだったんですよね~☆